HISTORY

井上博文によるバレエ劇場

東勇作、橘秋子、小牧正英、A.A.ワルラーモフ、ロイ・トバイアス、セルジュ・ペレッティに師事した井上博文は、1963年パリ・テアトル・バレエ団来日の際に認められ、契約を結び渡仏した。以後、ケルン・オペラハウス・バレエ団、アムステルダム・オペラハウス、モンテ・カルロ・バレエリュッスなどでソリストとして活躍。1967年2月に帰国。帰国後の最初の舞台となった「羽衣」で絶賛を博し、昭和42年度文部省芸術祭奨励賞を受賞した。
そして、1968年「井上博文によるバレエ小劇場」のタイトルのもと、公演プロデュースを開始。その後、井上博文バレエ団を結成する。

団 次郎 / 岡本佳津子

ダンサーの他、振付・美術・衣裳などの各部門に井上の好みの人材を集める”プロデューサーシステム“という手法は、当時としては新しいものであった。谷桃子、岡本佳津子をプリマに迎え、オリジナリティーのある作品を発表して注目を集めた。第2回公演では早くも東京文化会館において全幕の大作に挑戦し、「マイ・シンデレラ」という作品の王子役に当時トップモデルであった団次郎を王子に迎えるなど、奇抜なアイデアで話題となった。その後もゲストダンサーとして世界有数のバレエ団からプリンシパルダンサーを招いて日本の観客に紹介した。またアントン・ドーリン、アンドレ・プロコフスキー、アルフレッド・ロドリゲスなどの作家を招いて原作を忠実に伝える努力をする。

ピーター・ファーマーによる
衣裳デザイン(眠りの森の美女「赤ずきんちゃん」)

宇野亜喜良による
「火の鳥」(1971)チラシ

井上は、ヨーロッパで見てきたような舞台を作るために美術・衣裳の重要性を強く意識していた。まず、バレエ団内に衣裳スタジオを設置し、好みの衣裳を製作する。美術においては、宇野亜喜良に依頼した「火の鳥」、橋本潔(美術)、ワーレン・ノット(衣装)による「ジゼル」など、当時の日本バレエ界においてはまだ十分に意識されていなかった部分に力を注いだ。1977年、英国のピーター・ファーマーにデザインを依頼した「白鳥の湖」では、見事に井上の理想とする舞台を現出した。その後、主なレパートリーの舞台をピーター・ファーマーの美術によって制作し、井上バレエ団の特色の一つとなった。
クラシックバレエの世界に留まらず、日本舞踊、スペイン舞踊、モダンダンス、舞踏などを「舞踊」という大きな枠組みの中でとらえ、コラボレーションを行ったことも先駆的であったといえる。

財団法人井上バレエ団

1983年、井上バレエ団は財団法人の認可を受ける。1984年、デンマーク王立バレエ団よりプリンシパルのフランク・アンダーソンと夫人のエヴァ・クロボーグを招き、ブルノンヴィルの作品を上演する。井上はブルノンヴィル作品に興味を持ち、レパートリーに加えることをかねてから望んでいた。こののち、デンマーク王立バレエ団とはダンサーの招聘、井上バレエ団ダンサーの派遣などを通して、交流を深めていく。
1987年7月、第50回の公演をもって、「井上博文によるバレエ劇場」というタイトルのもとでの公演には終止符を打ち、51回目からは「井上バレエ団公演」の名のもとに公演活動を行うこととする。

井上博文の急逝とその後の井上バレエ団

アネックスシアター
次世代への架け橋vol.1 チラシ

藤井直子 / シリル・アタナソフ
(1990「コッペリア」より)

1987年12月と1988年2月に続けてヨーロッパを訪れた井上は、多くの人々に会い、今後の仕事の基礎作りをする。そして帰国直後の2月13日、脳内出血のため、帰らぬ人となる。
これまで井上のもとでバレエ団経営、舞台制作を支えてきたスタッフが力を結集し、これまで多くの作品を振付けてきた関直人を芸術監督に、永年プリマとして踊ってきた岡本佳津子を常務理事に迎え、井上が築いた基礎を基に井上亡き後のバレエ団活動を続けていくことを決意する。
井上が残した多くの人的財産がある。ピーター・ファーマーとは1990年「コッペリア」、1992年「ジゼル」、1995年「白鳥の湖」、2001年「シンデレラ」、2003年「眠りの森の美女」を新制作する。フランク・アンダーソンは毎年ブルノンヴィルスタイルの指導に訪れ、1996年に成果として「ラ・シルフィード」を上演、その後も「ナポリ3幕」「コンセルヴァトワール」「ジェンツァーノの花祭り」などをレパートリーに加えてきた。2010年からは全国規模のブルノンヴィル・セミナーを実施している。
パリ・オペラ座のシリル・アタナソフは自らの公演出演のみならず、ダンサーの指導にも協力を惜しまず、井上のパリ時代の友人ジャニィ・ストラはすでに40年近くに渡り、毎年講習会を開き、ほかにもゲスト出演をきっかけにずっと井上バレエ団を見守り続けてくれる多くのダンサーがいる。国内においても、多くの作家、バレエ研究家、美術家、照明家、音楽家、等の方々の協力を得ながら、活動を続けている。
2011年には公益財団法人の認定を受け、バレエの普及、向上にますます精進していく所存である。

PAGE TOP